整形外科

当院では、体に害のない医療を目的として、
骨粗鬆症・膝関節・股関節・脊椎を中心に
整形外科全般の診療を行っています。

整形外科は脊椎と四肢の運動器に起こる様々な病気病態を治療する診療科です。加齢に伴う骨粗鬆症やそれに関連した背骨の変形、坐骨神経痛、膝などの変形性関節症やリウマチ性疾患による関節の病気、 骨折、関節の痛みや変形、腰痛など、骨・関節・筋肉・靭帯・神経の病気、ケガによる損傷や手足や脊椎などの先天性疾患を治療します。

  • 整形外科
  • 骨粗鬆症・リウマチ
  • リハビリテーション科

整形外科

当院の整形外科専門外来は、下記の通り診療しております。

  • 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)
  • ・ 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
  • ・ 坐骨(ざこつ)神経痛
  • ・ 膝などの変形性関節症
  • ・ 骨折や脱臼
  • ・ 切り傷、打撲など外傷
  • ・ 肩こりや腰痛、膝痛
  • ・ 神経ブロック など

当院の医師は日本整形外科学会の専門医ですので、
的確で専門的な治療が可能です。

骨粗鬆症・リウマチ

骨粗鬆症の治療について

当院では、骨粗鬆症について専門的な治療をしています。骨粗鬆症とは「骨がすかすかになり(骨の強度が低下し)、骨折しやすくなる」病気です。骨粗鬆症にかかっている人は700万人位といわれ女性と男性の比率は9:1です。骨粗鬆症でよく骨折を起こすところは手首、背骨(圧迫骨折)と寝たきりの原因となる大腿骨の付け根です。骨粗鬆症は放っておくと怖い病気ですが、最近は簡単に骨量を測ることが出来るようになり、早期発見が可能になりました。早く治療をすれば病気の進行を止めることができるだけではなく、骨量を増やす治療が可能な病気です。

関節リウマチでお悩みの方もご相談ください。

関節リウマチの主な症状は左右複数の関節腫脹と痛みで、 進行すると関節の破壊を起こし、機能障害を来たす病気です。
これまでは不治の病と考えられてきましたが、診断の早期から的確な治療を開始すれば多くの症例で予後が改善できる時代になってきました。この病気は50歳以上の女性がもっとも発症しやすい病気です。 当院では様々な抗リウマチ薬より最適なものを選択し治療します。

リハビリテーション科

リハビリテーションのご相談についても対応しております

当院のリハビリテーションは運動器リハビリテーションと介護リハビリテーションの両方を行っています。運動器リハビリテーションは腰痛・関節痛・筋肉痛・神経痛スポーツ疲労など、 あらゆる症状に適応した指導のもと、治療させていただきます。また、スポーツ外傷に関するご相談についても対応しております。診断のための検査、治療方針、予後など全てにおいて、患者様のインフォームド・コンセント/チョイスを重視した診療を行っております。

整形外科の検査・治療

  • 専用画像診断装置

    撮影した画像に応じてコントラストをつけることで、正確な骨折の診断が可能です。

  • 透視下ブロック

    レントゲン透視下でのブロック注射、骨折の整復が可能です。

  • エコー検査

    超音波画像(エコー)による軟部組織腱、靭帯、筋膜、皮膚、脂肪組織)診断のためのスタンダードな検査です。

物理療法

TOPヘ戻る